紫外線でサンバーンが起きるシステム

長い期間、UVを受けていると日焼けしてしまうのは、おおよそのひとが理解してますよね。日焼けの要因である紫外線光とは、いったいどのような物なんでしょうか。

UVは、太陽光の1つであって、性質をA波、B波紫外線・C波紫外線と大きく3つに分ける事ができます。ガラスみたいな透き通った物では、太陽光A波をさえぎることは出来ず、皮膚へと到達します。ガラス窓を挟んで太陽の光を受けていたときや、自動車で移動をしてる際も、紫外線A波というのは通り抜ける為サンバーンしてしまうのです。

いっぽう、UVB波についてはオゾン層で防げるから、くもりの日は、雨降りの日減衰します。天候により照射量が異なっているUV量とは、この紫外線光b波なんです。

紫外線光C波が日に焼けてしまう事に関わることはないんです。それは、太陽光C波は雲を通り抜けないためなんです。

A波というものは、ガラスを通ることができるため、お肌の深部にある真皮まで届きますが、有毒性でいうならB波ほどではないといいます。

肌の日焼けのことを考えると、部屋でUVをうける為、いつも対処を取る必要性のあるUVなのです。肌の色が黒くなる事だけは、日焼けの働きではじゃないのです。シミやくすみが出来るし、肌のたるみや肌老化要因にもなるものです。

太陽光で肌焼けをするのは、お肌をガードするためにメラニン色素を増加する、防御反応なのです。小麦色に焼けている肌は元気そうなイメージを人にあたえますが、エイジングケアの観点で考えていると皮ふにとって良い事じゃないので、日焼け対処法が大事なのです。