ダイエットは失敗から学ぶ

ダイエットを成功させること自体は決して困難なものではないはずですが、うまくいかずに挫折してしまうという方もいます。ダイエットをしていることには変わりないのに、うまくいかない人と、成功する人がいる理由はどこにあるでしょう。

体重を思うように減らせなかった時に、その後、今までの経験を上手に使うことができるかは重要になります。減らしたい体重分のカロリーを計算し、それを自分で設定した日数で割ったカロリー分を、1日毎に減らしていけば終了です。ダイエットに挫折した人の多くは、食事制限によるストレスを原因の一つに挙げています。

ダイエット中でも食事制限をするのはつらいという人は、いっそ開き直って、食べてカロリーコントロールをします。低カロリー食品を用意しておいて、カロリーの高い食べ物を食べたいという時でも、極力、低カロリーの食事で代わりにするなどします。

食事内容を、何から何まで低カロリーの食材に変えると大変ですから、まずは半分ずつぐらいで変えていきます。白米中心のメニューにはいないで、おかゆで食べるというやり方もあります。白米を茶碗一膳食べるより、おかゆ一膳のほうがカロリーは半分です。

極端に我慢をするとストレスがたまり、反動も大きくなるだけなので、無理な方法は禁物です。どんなダイエットメニューにすると自分にとってつくりやすく、食べやすいかを把握することも、ダイエットを継続させるポイントです。一気に体重を減らすと、体に負担がかかる可能性があります。健康状態の上でもよくないことですので、段階的に取り組むといいでしょう。